• カレンダーのアイコン LINE予約
  • 電話のアイコン 03-6382-9090

膝の痛みでお悩みの方へ

  膝の痛みでよくあるお悩み

  • 歩き始めに
    膝のこわばり
    を覚える

  • 膝が痛くなる
    原因が
    分からない

  • 自分でも
    膝痛を
    予防したい

  • ランニング中
    に膝の内側が
    痛くなった

膝痛は早めの対策を始めましょう

膝関節は日常動作で頻繁に使われる関節のため、痛みがあると大きな制限が生じることになります。
関節は変わりがないため、損傷が悪化する前の早めに対策を始めることが重要です。

 

こちらのページでは、膝痛が起こる主な原因と症状、自分で行える対策をまとめてあります。
現在膝の痛みがある方はもちろんのこと、予防を行いたい方もぜひご参照ください。

膝の痛みでお悩みの方におすすめのメニュー Recommend Menu

膝の痛みの主な原因と症状について

膝の痛みは高齢者のもので、若い方にとっては関係ないと思うかもしれません。

しかし、突然のケガによっては年齢関係なく膝の痛みを抱える可能性はあるのです。
原因ごとに正しい対処ができるよう、こちらで膝の痛みの原因をしっかりと確認していきましょう。

 

【膝の構造と役割】

 

●構造

膝関節は、大腿骨(太ももの骨)と膝蓋骨(膝のお皿)、脛骨(すねの骨)の3つの骨から構成される関節です。
大腿骨と脛骨の間には、関節の安定性とクッション性を高める「半月板(内・外)」があります。

●役割

膝関節は歩行や階段の上り下り、立ち上がりなど、日常動作時に体重を支える役割を担っています。

●痛みが出やすい年代

長年の負担で関節周辺の組織が消耗してくるため、主に中高年の方に膝の痛みを訴える方が増える傾向にあります。
また、使いすぎやケガによっては若い方も膝に痛みを生じる可能性はあります。

 

【膝痛の主な原因】

 

●変形性膝関節症

関節面を覆っている関節軟骨がすり減り、関節の変形や炎症を生じたものになります。
年齢を重ねてくると、関節軟骨やクッション(半月板)の弾力性が低下するため、「加齢」が主な原因だと言えます。

その他にも、次のような原因が重なると発症するリスクが高まります。

・関節に対し膝が内側に入っている人

アライメントの崩れによって、軟骨に負担がかかるため発症します。

・肥満気味

体重はそのまま関節への負担になるため発症します。

・筋力や柔軟性の低下

特に膝を支える「大腿四頭筋(太もも前の筋肉)」筋力・柔軟性が低下すると、膝に負担がかかりやすくなります。

また、膝の外傷(半月板損傷・靭帯損傷・骨折など)によって、膝の変形が進行する場合もあります。

●半月板損傷

膝関節に荷重を掛けながら、捻りの力が加わると半月板を損傷する場合があります
「コンタクトスポーツでの転倒」「バスケやサッカーなどのフェイント動作」など、スポーツ現場で発生しやすくなっています。
また加齢によって半月板の弾力性が失われ、大きな外力がなくても「気づいたら損傷していた」といったケースも多くみられます。

●鵞足炎

鵞足部(脛骨の内側上部)に炎症を起こしたものです。

鵞足には、股関節を内転させるための筋肉が付着しています。
そのため「筋肉の収縮」によって付着部が引っ張られ、滑液包が損傷することで炎症を起こしてしまうのです。
スポーツによる使いすぎに加え、「不良姿勢」「膝が内側に入っている」などがあると、鵞足炎を生じやすくなります。

●神経痛

腰や股関節の前後を通る神経(大腿神経・伏在神経)が刺激され、太ももから膝周辺にかけての神経痛を引き起こすことがあります。

不良姿勢や無理な動作などで、神経が刺激されやすくなっています。

 

【膝痛の主な症状】

 

●変形性膝関節症

・初期

立ち上がりや歩き始めなど、動作の開始時に膝のこわばりや軽い痛みを感じることがあります。
しばらく歩くと再度痛む場合もありますが、休むと症状は軽減しやすくなっています。

・中期

歩行時は常に痛みがあり、休んでも痛みがとれにくいことがあります。
関節の変形が進行し、膝に水が溜まることもあります。

・末期

変形がさらに進行し、膝の動きに制限が出てきます。(伸びきらない、曲がりきらない)
強い痛みがあり、歩行やしゃがむ、立ち上がるといった日常動作にも支障が出やすくなっています。

●半月板損傷

運動時や膝の曲げ伸ばし時に痛みがあり、引っかかりを生じることがあります。

また症状が悪化すると、膝がロッキング(急に動かなくなる状態)を起こし、激しい痛みから歩行困難になる場合もあります。

●鵞足炎

鵞足部に圧痛や熱感、腫れがみられます。
膝の曲げ伸ばしや接地時に痛みがあり、炎症が強くなると自発痛(安静時の痛み)を引き起こす場合もあります。

●神経痛

骨や関節が原因の膝痛では、主に動作時に痛みがみられます。

しかし神経痛では関節の動きは関係なく、安静時や就寝時に痛みが生じることが特徴です。
膝の内側を中心に、下腿部にしびれを生じる場合もあります。

健陽整骨院・整体院の【膝の痛み】アプローチ方法

膝は重力の影響を直接的に受けるところです。
組織が一時的に修復したとしても膝に負担のかかる日常生活中の膝への悪い習慣が変わらなければ、何度も痛みを繰り返すことになってしまいます。

当院ではその方の姿勢、動作、日常生活習慣、使い方などをカウンセリング検査等でその方の膝の問題となる要因をしっかり見極めていきます。

そして膝関節と付近の神経や血管、筋肉が適切な状態に修正できるように姿勢・動作・関節可動域・筋出力を確保するため、筋・筋膜や各関節への手技療法をしていき、必要に応じて運動療法を行っていきます。

身体は全身が連鎖して動くようにできています。
例えば肩甲骨や脊椎、足関節の崩れがあっても膝に対して悪影響を与えます。

そこで当院では膝関節だけをみるのではなく、全身の各関節の可動域、筋出力、動作をくまなく見直し、患部に影響を与えている問題を整えていきます。
実際に楽になっていくのはもちろん、自分でも気が付かなかったくせや悪い習慣に気付き、日常生活の良質な変化にも繋がっていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:織田亮介(オダリョウスケ)
生年月日:1984年8月6日生まれ
血液型:O型
出身:千葉県船橋市出身
趣味:武道・格闘技、子供と遊ぶ、旅行
得意な施術:手技療法、運動療法、栄養指導etc スポーツのケガから産前産後ケア、慢性痛まで幅広く対応いたします。



【ご来院されるお客さまへ一言】


「健全な精神は健全なる身体に宿る」この様な言葉があるのをご存知でしょうか。
どんなに強い想いがあっても、どれだけ大切にしていても、例えやらなくてはいけないとわかっていても、身体に痛みや悩みなど問題があれば人間は自分の能力を100%発揮する事はできません。

我々は地域一人ひとりが自分の能力を遺憾なく発揮して人生を豊かにする事で、人が人に優しく元気な地域社会になる事を信じ、その様な社会作りに役立ちたいと思っています。

そのためにも今まで学んだ事を活かしながら持てる力を発揮して、また施術家としてより成長できるように精進していきたいと思っております。

どうぞ末永くよろしくお願い致します。
 
   

当院のご紹介 About us

院名:健陽整骨院・整体院
住所:〒124-0003
東京都葛飾区お花茶屋1ー28ー22キャッスルマンションお花茶屋1階
最寄:お花茶屋駅
駐車場:隣接した箇所にコインパーキングがあります。
※埋まりやすいので、埋まった場合は近くのコインパーキングを使用してください。
                                                                   
受付時間
9:00〜
12:30
9:00〜
13:00
- -
15:00〜
18:30
- - -
18:30〜
20:00
- - -
定休日:日曜・祝日
※9:00〜18:30までは 『予約優先制』になっております。
※18:30以降は 『完全予約制』になっております。

【公式】健陽整骨院・整体院 公式SNSアカウント 健陽整骨院・整体院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】健陽整骨院・整体院 公式SNSアカウント 健陽整骨院・整体院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】健陽整骨院・整体院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中